#

わがままだけじゃないはず

2010/11/22

カテゴリ:

1ヶ月前にラッコの担当になったばかり、もらです

これまで、フグ・イルカ・アシカ・アザラシ・ペンギンと、いろいろな動物の飼育に携わってきましたが、

ラッコとしっかり付き合うのは初めて。

これまで見てきた動物たちとずいぶん違いがあって、驚くことも多いです。

 

最初に戸惑ったのは「餌の食べ方」

ラッコは餌の好き嫌いが激しく、準備した餌を「い~らないっ」と言わんばかりに捨てることもしょっちゅう。

アザラシだったら、自分がどんな魚を食べているかも分からないうちに飲み込んでいそうなのに、

(失礼。そう見えるだけで、ほんとはちゃんと味わってるかな??)

ラッコはじっくり見て、匂って、触って、食べたいか食べたくないか選んでいます。

 

さらに、そんなラッコチェックを経てやっと食べてくれたと思っても、

その食べ方にも一癖あります。

イルカやアザラシは餌を丸飲みにしますが、ラッコは前脚でしっかりと餌を持ち、

少しずつ噛みちぎりながら食べるんです。

アザラシなら一瞬で飲み込んでしまうような魚を、それはもうちまちまちまちまち・・・

いえ、じっくりじっくり食べていきます。それも、自分の好きなところだけ。

 

 アジ3枚おろし blogサイズ.JPG

 ↑↑このアジは「明日花」の食べたもの。骨と内臓が嫌いなので、身の部分だけ食べます。

 

ラッコたちの食事の後、プールの底には気に入らなかった餌とアジの骨が沈んでいます。

この残餌を回収した網の重さと、私のテンションはぴたり反比例します。

 

ラッコって、、 手がかかる上にわがまま(-”-)

 

1ヶ月の短い付き合いの中で出てきた感想は、忙しさのあまりかなり心に余裕の

ないものになってしまいましたが、ラッコにはきっともっと面白い一面もあるはず!!

ラッコの面白ろ可愛いところ、発見したらまた書き込みます。

 

みなさんも、ぜひラッコたちの食事の様子を見に来てくださいね。

ラッコが餌を捨てたときの私たち飼育員の表情も見物です(笑)

 

もら