#

現在○○中です。

2011/05/ 3

カテゴリ:

“F”です。

担当の水槽を見回っていて、今しか見れない○○中の魚を見つけたので、

報告します。

まず、1つ目は「子育て中」。

本館1階のクエとホンソメワケベラの共生の水槽に、

オオスジイシモチという魚が入っています。

下の写真の魚です。

 

 

オオスジ抱卵.JPG

 

口の所が大きく膨らんでいるのが、わかりますか?

これは、オスのオオスジイシモチが、メスから受取った受精卵を口にほおばり、

守っているところなのです。

このような魚を「マウスブルーダー」といいます。

新鮮な水がまんべんなく卵に当たるように、オオスジイシモチのお父さんは、

ときどき口の中で卵のかたまりを回すように動かします。

そのときにちらっと見えた感じでは、まだ卵に赤ちゃんの目が見えていなかったので、

GW中は頑張っているお父さんを見ることができると思います。

ちなみに普段のオオスジイシモチはこんな感じです。

 

 

普段のオオスジ.JPG

 

 

次に、見つけた○○中の魚は、サクラダイです。

こちらも本館1階の水槽です。

下の写真、何の最中なのかわかりますか?

 

 

サクラダイ性転換.JPG

 

 

ちょっと難しいですね。

実はこの魚、よ~く見ると、背びれの中に黒い斑紋があるというメスの特徴と、

体側にピンクに光る点々模様があるというオスの特徴が両方あるのです。

実は1週間ほど前は完全にメスの模様でした。

それがこの数日間で、どんどんオスの特徴が出てきたのです。

つまり、この魚は、この水槽のテーマでもあるメス⇒オスへ「性転換中」なのです。

ちなみにあまりきれいな写真じゃありませんが、

完全なオスはこんな感じ ↓

 

 

サクラダイオス.JPG

 

 

そして、メスはこんな感じです。

 

 

サクラダイメス.JPG

 

 

こっちはいつ、性転換が完成してしまうかわからないので、

もしご覧になりたい方がいらっしゃるのなら、早めがいいかもしれません。

以上、○○中の魚でした。


“F”