#

新たな すごい なかま

2011/09/25

カテゴリ:

カンブリアンの皆様朗報でございます!

 

本館2階で展開しております、おなじみ「カンブリアの大爆発」コーナーのテーマ水槽に、新たな仲間が加わりました

 

32gou01.JPG


(このややまとまりのない様子、お祭り前の胸騒ぎ感に少しにていますね。)

 

さて、どれが新入りかお分かりでしょうか?お分かりの方はカンブリアンの中のカンブリアンですよ!

 

まずはこちら

 

32gou04.JPG
(奥の方でもじもじしているのでピントがあいませんでした・・・)

 

彼はレドキリア。カンブリア紀の三葉虫です。うしろにあるアンテナで地デジを受信します。(誤情報でした。お詫びします)
地面をはいずりまわっていたので、アノマロカリスの格好の餌となっていたことでしょう。

 

つぎはこちら

 

32gou03.JPG

 

とても不思議なかたちですが、彼はウィワクシア。体がウロコで覆われているのが特徴です。
スタッフには「O蟲に似ている」といわれていました。触手は金色ではないですけれどね・・・。

 

そしてきわめつけは・・・

 

32gou02.JPG

 

え?何かの健康器具?
といいたくなってしまいますが、これもれっきとしたカンブリア紀の生きもの。その名もハルキゲニアです。
カンブリア紀の中ではもっともなぞとされており、目や口すらどこにあったかわからないんだとか。

 

こうして、アノマロカリスに続いて、カンブリアンの鼻血がとまらない生きものたちがたくさん登場しました。
作ってくれたのは実習生のお二人
渾身(たぶん・・・)の力作をぜひご高覧くださいませ。

 

※カンブリアンとは、カンブリア紀の生きものをこよなく愛する方々のことで、私が勝手にこうお呼びしております。

〔ワショク〕