#

特別展カンブリア進化の大爆発

2011/11/ 9

カテゴリ:

 今、水族園でのホットスポットは特別展「カンブリア進化の大爆発」です(きっぱり)。カンブリアと聞いて、カンブリア宮殿しか思い浮かばない人は、人生の損です。特別展を見て、カンブリア紀の魅力を是非、堪能してください。

 今を去ること5億4200万年前にカンブリア紀は始まります。古生代の幕開けです。その頃の海にいる生きものといえば、5つの目を持ったオパビニア、体中針だらけのハルキゲニア、大砲とオタマジャクシのしっぽがくっついたようなシダズーン、2mもあったといわれるシャコの怪物のようなアノマロカリス。そう、見る物すべて、変な奴ばかりです。この生きものの化石、CG、模型を特別展で展示しています。

HP2VIDEO.JPG

大爆発という言葉は、大爆発のようにいっぺんにいろいろな生きものが現れたという意味です。どうしてこの時期にこんなにもたくさんの生きものが誕生したのでしょうか。その答えを見に来てください。

HP1.JPG

                   (ちらっとヒント)

 

そして、カンブリア紀の生きものを想像しながら、粘土で自由に作るコーナーがこちらです。それでは、みなさんが作った数々の作品を紹介しましょう。

HPzenntai.JPG

  HPanomaro.JPG

HP04.JPGHP05.JPG

 

 HP03.JPG

 

 こんなのがいたかな? 

 

 

あなたも是非作りに来て下さい。