#

ささやかな楽しみ

2012/08/30

カテゴリ:

どうも。イルカチームのずっきです。

 

 

今回はイルカ館に地下に存在する、“ある設備”についてご紹介しましょう。

スマスイでは、魚やイルカなどを飼育するために必要な海水を

天然の海から取って使用しています。

 

ただ、取ってきた水をそのまま水槽に入れるのではなく

一度キレイにしてから使用しています。

 

そのキレイにする場所が

ココ。

 

鈴木ブログ1

これは「一次濾過槽(いちじろかそう)」という所です。

とてもキレイにする場所とは思えないですよね…ww

 

ですが秘密は底にびっしりと敷き詰められた“砂”にあります。

この砂は「珪砂」と言い、一粒の大きさは約1mm前後あります。

海からポンプを使って海水を取り、その海水がこの砂の間を通る事によって

砂に汚れがこし取られ、水をキレイにします。

 

キレイになった海水は様々な水槽に使われていきますが

天然の海水のため、水を取るとき一緒に色々な生き物も一次濾過槽に流れてきます。

 

 

例えば…

鈴木ブログ2

真ん中にご注目。

なんとヒトデがいます。一次濾過槽の常連です。

それ以外にもナマコやエビなど、様々な種類が見られるのですが

今回はビックリなゲストが来てくれました。

 

 

 

それがコレ。

鈴木ブログ3

 

なんとイシガニ。

 

大きさも10cm近くありました。よく流れてきたな…。

どれだけ大きくなるのか、これからの成長が楽しみですww

 

 

 

毎日、この一次濾過槽をチェックしているのですが

ついでに今日はどんな生き物がいるかな~と

毎日楽しみにしているずっきでした。