#

外へクラゲ採集にいきました

2014/02/ 5

カテゴリ:

水族園のおとなりにはヨットハーバーがありますが、そこへ時々クラゲ採集に出かけてます。

きれいなクラゲがたくさんとれたら、展示したりもします。

 

最近、一週間に一回ほどのハイペースで出かけています。

なぜかというと・・・・目的はこれです!!

 

エフィラ300.jpg

ズクラゲのエフィラ(赤ちゃん)が、須磨の海にもたくさん出てきているのです!

ミズクラゲは夏の海水浴場などでもよく見られるおなじみのクラゲですが、

エフィラ(赤ちゃん)は、ちょうど今ごろ12月~2月ごろまでの冬の時期に出てきます。

大きさは2~3mmくらい。とてもちいさいのです。

エフィラには既に、眼や口(くち)があり、水中のプランクトンを食べて生きています。

 

このエフィラを集めるためには、この道具がいいんです↓↓

 

ネット300.jpg

 

 

これはプランクトンネットと呼ばれる、目合いの細かいネット(あみ)です。

普通、このプランクトンネットは水中のプランクトンをこしとって集める道具ですが、

クラゲを採集するために、ちょっとだけ加工しています。

先にペットボトルをつけているのがポイント!

クラゲを採集するときは、海水ごとすって、体のやわらかいクラゲが傷つかないように気をつけています。

もしも傷ついてしまうと、再生できず、弱って死んでしまうこともあるからです。

 

この道具を使ってたくさん採集されたエフィラたちは、水族園に持ち帰り、だいじに育てます。

そして大きく成長したら、水槽で展示する予定です。

 

さて、このエフィラ採集とともに、もうひとつ楽しみがあります。

エフィラをとると、水中にただようプランクトンも一緒に採集されますが、

最近多いのが、ヤコウチュウ

夜の砂浜に、打ち寄せる波が青白く光る現象をご存知でしょうか???

その光っているのがヤコウチュウ!!

冬の海にもたくさんいるのです☆彡

他にも、別の種類の小さなクラゲや、動物プランクトン、植物プランクトンもとれるので、いろんな発見があります。

 

 

いろんな生きものを見ながら、エフィラが自然界ではどんなエサを食べているのか想像しています。

 

海水T UyenO