#

小さな丘なのか?

2016/01/29

カテゴリ:

メインの担当ではありませんが、

時々カピバラの飼育なんかもしています。

 

カピバラの方も普段と違う飼育員ということには気づいているようで、

微妙に距離をとってきますが、餌の場合はそこそこに寄ってきます。

なかなかに現金なヤツです。

 

最近餌やりの時に立派になったと思うのが、

彼の鼻っ柱。

 

20160113_102423.jpg

 

鼻の部分だけ剥げていますよね。

この部分をモリージョと言います。

カピバラファンの間では知らぬ者はいないのではないかと思われるぐらい有名な言葉です。

 

この部分から分泌される液体を周囲にこすり付けて、

縄張りを示したり、メスを誘ったりするようです。

 

担当者の間では、

「またカピバラ、モリってるよ」

「デッキブラシにまでモリってたよ」

なんて言ってます。(正しい使い方ではありません)

 

さて、このモリージョでこすられた部分なのですが、

変色していたり、その部分だけしっとりとした何とも言えぬ感触があります。

 

20160113_102610.jpg

 

掃除の際によく手をつく位置にモリってますので、

常に悩まされています。

 

このモリージョ。スペイン語でmorillo、「小さな丘」を意味します。

が。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

偉大なる万能電脳の自動翻訳にかけると、

「薪のせ台」と出てくるではありませんか!!!!

 

まぁ、しょせん自動翻訳なのであてにはできませんが、

今までのカピバラ界で言われてきた「モリージョ=小さな丘」が本当なのか気になるところです。

母国語である日本語すら怪しい僕が、

スペイン語など知るすべもなく。。。。

 

今後、仕事の合間をぬってちょこちょこと調べていきたいところです。

 

 

いまし