#

名は体を表さず

2016/04/19

カテゴリ:

あわただしく、新年会やら花見やらに追い追われして、
すっかりブログがご無沙汰になってしまった「いまし」でございます。

今年度の目標はいっぱいブログを書くことです。

あくまで個人的に”いっぱい”なので数のほどはゴニョゴニョ・・・・

 

さてさて、

僕が魚や生きものについていろいろ調べたりする中で、

興味をひかれる物の一つが名前でございます。

由来など調べていくと非常に面白く思わず「へ~」と唸ってしまいます。

おおよそ名前の由来は2パターンで、

”見た目”か”逸話・伝承”になってくるかと思います。

 

今回は”見た目”の方の魚です。

亜熱帯から熱帯の海に分布するクロスズメダイというスズメダイのなかまがいます。

その生体写真がこちら。

 クロスズメ幼魚.JPG

 

20150508_083742.jpg

 

まったく黒くありませんね。むしろ黄色のラインが特徴的です。

 

なぜにこのような名前になったのか?

当時は白黒写真でカラー判別ができずにこうなってしまったのか!?

 

いえいえ、実は成魚と幼魚で体色が変わるのです。

ちなみに今までの写真は幼魚期の物。

成魚はこちら。

 

 

IMG_1424.JPG

 

IMG_1445.JPG

 

漆黒ではありませんが確かに全身黒色ですね。

新年度を迎えても写真の腕は上がらずピントボケボケです。

写真の腕を上げることも今年度の課題です。

 

写真からは分かりづらいのですが、

黒というよりは黒と藍色の中間で何とも言えない美しさがあります。

個人的には、スズメダイの中で上位に食い込む美しさだと思っています。

 

搬入当初は幼魚カラーでしたが、今や立派な成魚カラー。

名前に恥じないように成長しています。

本館1階、大水槽横のサンゴ水槽でご覧いただけます。

 

いまし