#

【平成26年4月26日~8月31日】特別展-研究者は見た!驚異のアマゾン-「アマゾンの謎に挑む」

※開催期間は終了しました

当園では、JICA(国際協力機構)とJST(科学技術振興機構)の支援の下、今年度より京都大学野生動物研究センターとブラジル国立アマゾン研究所(INPA)が立ち上げる「“フィールドミュージアム構想”によるアマゾンの生物多様性保全」に参加することになりました。アマゾンの豊かな自然とそこに生息する多種多様な生物を保全していくための調査・研究と、それを活かした現地でのエコツーリズムの実施を視野に入れた国際的な研究プロジェクトに我々も参加したのです。今回の特別展では、本プロジェクトのネットワークにより、アマゾン研究の最前線で活躍する国内外の研究者のみなさんにもご協力いただきました。
アマゾンの生物と言えば、世界最大の淡水魚「ピラルク」、世界最大のヘビ「オオアナコンダ」などが有名です。両種は当園でも飼育していますので、姿や名前を知っている方も多いと思います。ところが、生物学の興味はもっと深いところにあります。体色の意味、繁殖の方法、餌など、彼らはアマゾンならではの習性を持っているのです。その驚くべき生態の謎に挑む研究者が暴いた秘密を一挙紹介致します!紹介する生態の説明の多く
は研究者本人が執筆しています。
会場内では、実物大の精巧なアマゾンマナティーとアマゾンカワイルカの模型、日本初の電気魚を探す体験コーナー、スマスイ特製のアマゾン川に生息する100種の魚の下敷きも販売します。

ぜひ、「見る、体験する」さまざまな感触でアマゾンの魅力をお楽しみ下さい。

 

◆開催期間◆

平成26年4月26日(土曜)~8月31日(日曜)

 

◆後援・協力◆

【後援】JICA(国際協力機構)、JST(科学技術振興機構)、京都大学 野生動物研究センター
【協力】神畑養魚株式会社、株式会社キョーリン、野外民族博物館リトルワールド

  

◆開催場所◆

当園 和楽園展示館特別展示室

 

◆展示内容◆ 

(1)展示パネル

アマゾンに生息する生きものの驚くべき生態の謎に挑む研究者が暴いた秘密を一挙紹介致します!他にも当園で繁殖したオオアナコンダの幼蛇の餌の秘密や、当園で繁殖したヤドクガエルに毒がない秘密なども紹介します。

 ※パネルは研究者本人が執筆しています。

 amazon-HP.jpg   neontetora-HP.jpg

アマゾンの魅力と秘密

幸島司郎(京都大学)

 

ネオンテトラの美しさの秘密

池田威秀(京都大学)

     
akakori-HP.jpg   manateli-HP.jpg

なんとびっくり!コリドラスの繁殖の秘密

幸田正典(大阪市立大学)

 

アマゾンマナティーの声の秘密

菊池夢美(東京大学)

(2)電気魚を探そう!体験コーナー

burakku.go-suto-HP.jpg アマゾン川に生息するブラックゴーストフィッシュと呼ばれる電気魚を探すコーナー。ハンドスピーカーを改造し、電気魚が近くにいると音が鳴ります。
微弱な電気を出す魚

(3)民具コーナー

アマゾン川周辺で使用されている魚を突く銛や、魚とり網、弓矢、毒筒、原住民が作った本物のハンモックなどを展示します。 mondori-hp.jpg
  (リトルワールド所蔵)

(4)実寸大模型

・親子アマゾンマナティー(親:約3m、子:約1m)

・アマゾンカワイルカ(約3m)

 

 

(5)展示室のレイアウト

amazon1-HP.jpg  広大なジャングルが続くアマゾンを模して、展示室は約30本の大型の木を使ってレイアウトしています。熱帯雨林の中を歩くような感覚をお楽しみ下さい。

 

◆ピラニア料理の販売◆  ※販売は終了しました。

アマゾンの代表的な「ピラニア」料理を食べることができます。現地でピラニアは、一般的に食されている魚です。 

DSC_0013-HP.jpg  販売場所   当園 レストラン和楽園
販売期間   4月26日~販売は終了しました。
内容   ピラニアのムニエル(スープ、サラダ、ライスorパン)
価格   2,000円(税込)
販売数   1日限定5食※都合により変わる事があります
ピラニアのムニエル(イメージ)  

 

◆オリジナルグッズ◆

スマスイオリジナルのアマゾン下敷きを販売。世界最大級の淡水魚ピラルクから小さなテトラまで、100種類の魚達が揃っています。

販売場所:当園 本館1階 ミュージアムショップ
アマゾン下敷き(表・裏)
amazon.sitaziki1-HP.png   amazon.sitaziki2-HP.png

                                          

◆第4回神戸賞◆ ※終了しました。

当園独自の顕彰制度、第4回神戸賞の受賞者は、アマゾン川流域に生息するカワイルカとマナティーの生態を解明したVera Maria Ferreira daSilva博士(ブラジル国立アマゾン研究所教授)です。本特別展においても解説パネルにもご協力いただいています。特別展開催期間中には、daSilva博士をお招きして、サイエンスカフェおよび記念講演会を開催しました。 

 

サイエンスカフェ 
開催日時 平成26年5月31日(土曜)18時~20時30分
開催場所 当園 エントランスホール
   
記念講演会 
開催日時 平成26年6月1日(日曜)13時30分~16時
開催場所 テルオークラ神戸
詳しくはチラシをクリックしてください↓No4.koubesyou.1-HP.jpg