#

【平成30年3月21日~4月21日】企画展『解剖室へようこそ展』を開催します!

 当園では、企画展「解剖室へようこそ展」を開催します。水族園には動物病院があることをご存知でしょうか。ここでは飼育動物の予防、検査、治療などを行いますが、一般の動物病院との大きな違いとして、解剖検査を行う解剖室をそなえています。解剖検査とは、亡くなった動物のからだを詳細に調べて、死亡原因を探る検査のことです。生きていたときの診断、治療が正しかったかどうかの答え合わせの機会でもあります。解剖検査をすることで、何がわかり、何の役に立つのでしょうか。普段は非公開の解剖室を特別公開し、過去に水族園で命を全うした動物たちの標本展示と併せて解剖室の役割をお伝えします。
 さらに期間中、爬虫類専門動物病院の院長である獣医師 小家山仁氏をお招きしてのサイエンスカフェを開催します。全国から来院する爬虫類の診療に長年取り組み、趣味は国内の野生爬虫類の観察という講演者が、カメ漬けの生活の中で日々考えていることをお話します。
 サイエンスカフェは、大水槽前のゆったりとした雰囲気の中、ドリンクを片手に気軽に科学者の話を楽しんでいただけるスマスイ恒例イベントです。どうぞお越しください。

 

企画展「解剖室へようこそ展」

 

◆開催期間◆

平成30年3月21日(水曜・祝日)~4月22日(日曜)

 

◆開催時間◆

10時30分~16時30分
※開園時間と異なります。(開園時間:9時~17時)

 

◆開催場所◆

当園 スマスイ動物病院解剖室

 

◆展示内容◆

ラッコ剥製標本、ゴマフアザラシ(幼獣)剥製標本、
マゼランペンギン剥製標本他

20180319kaibou_1.jpg

ゴマフアザラシ(幼獣)の剥製標本

※都合により急遽展示を中止する場合がございます。 

 

 

 

スマスイサイエンスカフェ第45弾

「カメが病気になっちゃった!?-爬虫類医学の現場から-」

 

◆開催日時◆

平成30年4月21日(土曜)18時~20時(開場・受付 17時30分~)

 

◆開催場所◆

当園 本館エントランスホール

 

◆講演者◆

小家山仁(こいえやま・ひとし)氏 
獣医師/レプタイルクリニック院長

 

◆講演者プロフィール◆

1971年東京生まれ。1995年日本大学農獣医学部(現 生物資源科学部)卒業。現在は爬虫類専門の動物病院レプタイルクリニック院長として爬虫類の診療を行う傍ら、水族館等での診療にも携わる。
 「爬虫類・両生類の臨床指針」(1996年インターズー刊)、「カメディカ・カメの家庭医
学」(2000年アートヴィレッジ刊)、「エキゾチック臨床vol.14カメの臨床」(2015年学窓社刊)等、著書多数。

 

20180319kaibou_2.jpg

講師:小家山仁氏

 

◆参加費◆

高校生以上1,000円、小中学生500円、幼児無料

 

◆申込み方法◆

メール(info@sumasui.jp )もしくはファックス(078-733-6333)にて、サイエンスカフェ名、参加人数(大人、中・小人・幼児別)、] 代表者氏名、住所、電話番号、メールアドレスを明記の上、お送りください。
※申込受付確認のご連絡は致しません。定員に達しご参加いただけない場合のみ、ご連絡を差し上げます。

 

20180319kaibou_3.jpg 20180319kaibou_4.jpg
入院中のケヅメリクガメ サイエンスカフェの雰囲気