#

【平成30年12月15日開催】サイエンスカフェ第52弾「もっと魚を食べたい!もっと魚を釣りたい!-水産の明日を考える-」※参加者募集中!

当園では、スマスイサイエンスカフェ第52弾 『もっと魚を食べたい!もっと魚を釣りたい!水産の明日を考える』を開催いたします。
かつては漁業先進国と言われ、長く漁獲量世界一を誇ってきた日本ですが、1990年前後から漁獲量は減少し続けています。乱獲や環境変化で魚がいなくなったとも言われています。一体全体日本の水産資源はどうなっているのでしょう? 
海からの恵恵みである魚は、私たちの日常生活でも欠かすことのできない食材です。もっと魚を食べたい、もっと魚を釣りたい。そのためにはどうすればよいのでしょう?。
今回のサイエンスカフェでは、中央水産研究所の阪地英男氏をお迎えし、日本の水産資源について語っていただきます。これからもたくさん魚釣りが出来て、おいしい魚が食べられるよう、一緒に“日本の水産資源”について考えてみませんか?

 

◆開催日時

平成30年12月15日(土曜) 18時~20時 (17時30分受付)

 

開催場所

須磨海浜水族園 本館1階波の大水槽前エントランスホール

 

参加費

1,000円(3歳以下無料)

 

申込み方法

参加カフェの名称、参加者全員の氏名、年齢、代表者の氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスを明記の上、FAXまたはメールにて「水産の明日SC」係までお申し込みください。

Fax: 078-733-6333   E-mail: info@sumasui.jp

※定員になり、ご参加いただけない場合のみ、水族園よりご連絡差し上げます。

 

◆講演者◆

阪地英男(さかじひでお)

20181114sciencecafe52.jpg 

国立研究開発法人水産研究・教育機構 中央水産研究所 主幹研究員 1963年和歌山県新宮市生まれ。東京水産大学(現東京海洋大学)卒業後、水産庁に入庁し、広島・高知・横浜にある水産研究所に勤務する。高知ではクルマエビ科エビ類の資源生物学的研究に取り組み、その最適な利用法を提案する。また、ブリの回遊経路解明に取り組むとともに、その資源評価に携わる。大学の卒論は当時亀崎が研究員をしていた黒島の某研究所でヒトデヤドリエビという全く金にならない生物をやっていた。水産学博士。