#

【平成31年1月26日実施】イカをもっと知ろう!「イカの解剖教室」

当園では、生きものや自然、環境問題などについて学びたい方のために、さまざまなプログラムを提供しています。今回は普段、水族園で生きた姿をご覧いただいているイカの体の仕組みを知っていただく生きものスクールとして、「イカをもっと知ろう! イカの解剖教室」を開催します。魚介類の消費大国の日本で、イカは生鮮魚介類の年間1人当たりの購入量のベスト5にランキングしています(平成29年度の水産白書調べ)。我々日本人にとって欠かせない海産物のひとつと言えますが、そんなイカのことを皆さんはどれくらいご存知でしょうか?イカの解剖教室では、イカの中でも日本で一番多く食べられているスルメイカの仲間を材料に、イカの解剖に挑戦していただきます。普段、何気なく食卓に上がるイカ。その体のつくりはどうなっているのでしょう?イカ好きな方も、そうでない方も、この機会に、じっくりと観察してみませんか?

 

 

20160218.surumeika-HP.jpg

解剖予定のスルメイカ

◆開催日時◆

平成31年1月26日(土曜)13時~14時

 

◆開催場所◆

本館2階 レクチャールーム

 

◆対象者◆

小学校4年生以上

 

◆定 員◆

30名  ※応募者多数の場合は抽選。

※抽選結果は、締切後1週間程でお知らせいたします。

 

◆参加費◆

1人700円(別途入園料が必要)※付添いの方も参加費を頂きます。

 

◆内 容◆

・オリエンテーション(イカの体のひみつと解剖の注意点を解説)

・解剖実習

 

◆持ち物◆

手を拭くためのタオル、筆記用具

 

◆応募締め切り◆

平成31年1月15日(火曜)必着

 

◆お問合せ先◆

〒654-0049 神戸市須磨区若宮町1-3-5

神戸市立須磨海浜水族園 研究教育課 「イカの解剖教室」係

電 話:(078)731-7301 Email:info@sumasui.jp