#

【2019年3月21日~4月21日開催】企画展「春らんまん!スマスイに咲くお花な生きものたち」を開催

当園では、企画展「春らんまん!スマスイに咲くお花な生きものたち」を開催します。この企画展では、春に開花を迎える草木に由来した名前の魚や、花のような姿をした生きものたちを3基の水槽に展示します。
春の訪れに、神戸市内の各所でお花見が催される季節となりました。春のお花見といえば桜を連想しますが、周りに目を向けると可憐な花を咲かせた草木が道端や野山の景色を彩っています。当園の水槽の中に咲く“花”たちもまた、見頃を迎えており、それぞれ異なった魅力を感じながらお花見を楽しむことができます。
ぜひ水族園ならではの“お花見気分”を味わってみてください。

 

◆展示期間◆

2019年3月21日(木曜・祝)~4月21日(日曜)

 

展示場所

当園 本館2階 企画展示ブース

 

各水槽テーマ

(1)スマスイ風桜景色

主な展示生物:トゲトサカの仲間

20190307hanamiten-HP2.jpgトゲトサカの仲間

八放サンゴの仲間で、潮通りの良い岩礁などに固着して生活します。海水を吸って体を大きく膨張させ、ポリプを開いてプランクトンを捕まえます。その姿は満開に咲き誇った桜のようです。

(2)花にも負けない美しさ

 20190307hanamiten-HP1.jpg

スミレナガハナダイ

主な展示生物:スミレナガハナダイ

サンゴ礁域に生息するハタ科の一種。はじめにメスとして成熟し、その後オスに性転換を行います。オスには、スミレの花の色である紫色の特徴のある四角い斑紋があります。

(3)華麗な花より可愛い団子

主な展示生物:ミミイカ 20190307hanamiten-HP3.jpgミミイカ

団子のような丸い姿が特徴的な体長5㎝ほどの、ダンゴイカ科の一種。体の割に大きな丸いひれを使って砂を掘り、団子のように丸まって潜る可愛らしい姿は“花より団子”派の皆さんにおすすめです。


※展示生物の状態により、展示を中止することがございます。