#

【神戸賞】第7回「神戸賞」受賞研究が決定しました!

神戸賞とは世界的にすぐれた業績をこの世に残した海洋生物学者を神戸市立須磨海浜水族園が顕彰するもので、2011年春に第1回の授賞式・記念講演会が開催されました。第7回目となる今年の受賞者は、海鳥の生態や移動などについて長年研究を続けられているフランス国立科学研究センター・シゼ生態学研究所のHenri Weimerskirch(アンリ・ヴァイマースキルチ)博士です。博士は海鳥生態学分野におけるパイオニア的存在であり、現在も第一線で活躍される精力的な研究者で、主な研究対象であるワタリアホウドリやグンカンドリの大海を巡る冒険的な暮らし方を明らかにしてきました。神戸港開港150年にあたる今年、博士の壮大な話を聞きながら大海への冒険の旅に思いを巡らせてみませんか。
なお、授賞式・記念講演会の前日には、当園
にて、サイエンスカフェも開催します。

 ※5/20のサイエンスカフェ及び、5/21の授賞式・講演会は終了しました。

2017kobeaward-tirasi.jpg

↑クリックで大きい画像をご覧いただけます。

◆受賞者◆

2017kobeaward-HP1.jpg

Henri Weimerskirch(アンリ・ヴァイマースキルチ)博士

フランス国立科学研究センター・シゼ生態学研究所(CNRS)  

 


博士は海鳥や海棲哺乳類の生態を研究する研究チームのトップであり、気候変動や人間の活動が与える地球規模的変化が海洋生態系に与える影響を、海鳥や海棲哺乳類を通して研究している。

幼少時代から鳥に魅了されており、その情熱から鳥類学者・生態学者となり、世界中を飛び回って海鳥の研究をする。1978年にインド洋クローゼー諸島で18ヶ月におよぶフィールドワークをして以降、アホウドリ類の研究が今日までのライフワークとなっている。1986年に生態学で博士号を取得し、同年よりCNRSに所属、現在は50人から成る研究グループの責任者を務めている。その後40年間、博士は長期に亘るアホウドリ類の個体群動態の研究を続け、1980年代後期から亜南極諸島や南極大陸において、海鳥へのバイオロギング技術の応用も数多く先導してきた。
2000年代からは熱帯性の海鳥であるグンカンドリ
の摂餌生態に関する研究にも、数多くの地域で関わり、発展に大きく貢献している。南極大陸から熱帯の島々まで、32回におよぶ調査遠征を実施し、博士の研究は摂餌戦略の進化や摂餌と個体群動態との関連だけではなく、海鳥の保全、特に延縄漁業がアホウドリ類やミズナギドリ類に及ぼす影響にも焦点を当てている。その研究成果は、Nature誌やScience誌に掲載された10編の論文を含む、350編以上もの学術論文等として、多くの学術価値の高い雑誌等で公表されている。

 

2017kobeaward-HP3.jpg 2017kobeaward-HP2.jpg 2017kobeaward-HP4.jpg
ワタリアホウドリのペア

グンカンドリの幼鳥

餌を渡すグンカンドリの親子

  

  

◆授賞式および記念講演会◆ ※終了しました。

 

開催日時

平成29年5月21日(日曜)13時30分~16時(13時開場)

開催場所 ホテルオークラ神戸 1階 松風の間
講演題目 「海鳥たちの大航海」
定員 150名(先着順)
入場料 無料

申し込み方法

申し込み用紙に参加者氏名、住所、TEL、FAX、メールアドレス、参加人数を記入の上、FAXまたはemailでお申込み下さい。 

 申込み用紙↓pdf.gif

   
 懇親会 講演会終了後、博士を囲んで懇親会(17時~19時、会費5000円)を開催します。参加希望者の方は申込書に懇親会参加と記載してください。お申込みの方には当園入園券を進呈。

 

  
◆サイエンスカフェ◆ ※終了しました。

 

開催日時

平成29年5月20日(土曜)18時~20時(17時30分受付開始)

開催場所 本館1階 エントランスホール
講演題目

「驚き!3ヶ月も飛び続ける海鳥がいた」 

定員 50名(先着順)
入場料 中学生以上1,000円、4歳~小学生500円、3歳以下無料
申し込み方法

申し込み用紙に参加者氏名、住所、TEL、FAX、メールアドレス、参加人数を記入の上、FAXまたはemailでお申込み下さい。

 申込み用紙↓pdf.gif

 

◆授賞記念講演会・サイエンスカフェの申込み・問い合わせ先◆

神戸市立須磨海浜水族園

mail: info@sumasui.jp / FAX: 078-733-6333

 

◆神戸賞選考委員◆

委員長 亀崎直樹氏

(岡山理科大学地球生物学部教授/神戸市立須磨海浜水族園学術研究統括)

委 員 朝倉 彰氏

(京都大学瀬戸臨海実験所教授兼所長/付属白浜水族館館長)

 

幸島司郎氏

(京都大学野生動物研究センター教授)

 

幸田正典氏

(大阪市立大学大学院理学研究科教授)

 

佐藤克文氏

(東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター教授)