#

AIによる生物行動分析システムを開発し、実証実験を行いました。

 当園は、クラウド型映像記録ソフトウェアの開発を手掛けるヴイ・インターネット株式会社(大阪市中央区)と、AIを活用した画像解析ソフトウェアの企画・開発を行う株式会社エイブリッジ(大阪市北区)と共同で、水中生物の行動解析にAIを活用する実証実験を行いました。

 水族館には研究機関という役割もあり、飼育員をはじめ研究者が展示生物の生態について日々観察・研究をしています。しかしながら、人の目で24時間常時観察を行うのは困難で、録画を行っても指標となるデータが取れないという問題が課題としてありました。そこで、本実証実験で、生物の行動をカメラで24時間録画しクラウドにデータを送信。対象となる生物をAIに学習させることで、その生物が「いつ」、「どこに」、「どれぐらいの時間滞在していたのか」をグラフ表示する等で可視化しました。このシステムを用い、長期の録画および数値化・グラフ化することで、日常の観察では気づくことのできない特殊な行動の発見や、研究用の基礎データをとることが可能になりました。

 今回は、コモリガエル(ピパピパ)を用いた実証実験を行い、平成30年11月24日~25日に麻布大学(神奈川県相模原市)で開催された「日本爬虫両棲類学会 第57回大会」にてその成果を発表いたしました。学会では来場者の方々から、「複数の生物がいても一種類の生物のみを検知することができる」、「複数の生物の比較研究により、交尾や捕食までの距離を測ることができる」ことなどに興味を持っていただき、とても好評でした。

20181203ai_1.jpg

実験対象種「コモリガエル」

 

20181203ai_2.jpg 20181203ai_3.jpg

検知画面の様子

学会における展示説明の様子

 

◆実証実験期間◆

平成30年8月17日~20日

 

◆本研究で期待されること◆

 水族館での研究は、野外で直接観察することが難しい部分を、水槽内でしっかりと観察することができる点が強みです。しかし、水族館における飼育員の研究は、飼育業務と並行して研究することが多く、長時間の観察は難しい現実があります。今回のようにAIが一部を担ってくれるようになると、水族館における生物の研究がより盛んに取り組めるようになると期待されます。

 

〈〈このリリースに関するお問い合わせ〉〉

株式会社 エイブリッジ

〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目20-10大明ビル802

TEL:06-6147-9272  FAX:06-6147-9273

担当:IT事業部 澤水

 

神戸市立須磨海浜水族園

〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3-5

Tel:078-731-5161 FAX:078-733-6333

担当:武井,笹井

 

ヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社

〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4-4-10 新伏見町ビル 4F

TEL:06-6233-2626  FAX:06-6233-2638

担当:映像事業グループ 西川・吉原