#

淡水カメに関する情報を交換する「第1回淡水カメ情報交換会」を実施しました

2014年2月8日-9日と第1回目となる淡水ガメ情報交換会を開催しました。
当日は雪が降る中、145名の方々に参加いただきました。
足元の悪い中、ご参加いただきありがとうございました。

 

今回、ミシシッピアカミミガメの原産地であるアメリカからJeffery Lovich博士を
お招きし、今日本で分布が拡大し生態系を脅かしているとされるミシシッ
ピアカミミガメの原産地でのお話しをしていただきました。
ロビッチ博士には、日本でのアカミミガメ問題の深刻さを知ってもらい、
その上で日本でのアカミミガメの管理で必要なこととして
以下の助言をいただきました。

 

1.アカミミガメの輸入をコントロールするまたは禁止にすること
2.アカミミガメの新たな区域への侵入を防止すること
3.駆除した区域への再侵入を防止すること
4.アカミミガメにかわる外来ガメの侵入を防止すること
5.アカミミガメを根絶させる努力を続けること
6.アカミミガメや在来カメに関する基礎的な研究を継続すること
7.個体数管理に関する研究を継続すること

 

日本でのアカミミガメに関する問題は、近年ようやく問題視されるようになり、
今回のロビッチ博士の話は、私たちにとって大きな力となったのではと思います。

その他にも日本において淡水ガメを研究されているスペシャリストの皆さんより
イシガメ、スッポン、化石、分類等々の最先端の研究や専門性の高いお話をしていただきました。
また、一般講演では小学生から年配者まで幅広い年齢層の方々や
学生、行政関係や各地域で自然を見ておられる市民の方々から
最新の調査観察結果等についてお話しいただきました。

皆様のおかげで大変意義深い会になったのではないかと、とても満足しています。
参加いただいた皆さん、ありがとうございます。
次回、第2回淡水ガメ情報交換会は12月に東邦大学で開催する予定です。

 

Lovich.kouen1-HP.jpg

  Lovich.kouen2-HP.jpg
Jeffery Lovich博士による講演   参加者と記念撮影

 

◆開催場所◆

 神戸女子大学 須磨キャンパス M館 M317・M318教室
〒654-8585神戸市須磨区東須磨青山2-1

 

◆主催◆

神戸市立須磨海浜水族園・認定NPO法人生態工房

 

◆特別講演者◆

Jeff Lovich-HP.jpg  

ジェフェリー・ロビッチ博士


アリゾナ州の南西生物科学センターの研究員。ジョージア大学にて生態学博士号を取得。30年以上のわたりカメを含めた爬虫類の生態について研究する。その他に外来種が生態系に与える影響等に関しても興味を持つ。代表著書には「Turtles of the United States and Canada」などがあり、その他にも多数執筆。
 

 

◆プログラム◆   PDFはこちらから

 

8日   12:00   受付開始
    13:00   開会
    13:15   カメセミナーその 1   (司会:亀崎直樹)
        S-1日本における淡水ガメ(イシガメ科、スッポン科)の化石記録  平山廉
        S-2日本産イシガメ科カメ類の系統と分類  安川雄一郎
        S-3ニホンイシガメの生態と現状  小菅康弘
        S-4日本に生息するニホンスッポンの起源 太田英利
        休憩(15分)
    15:00   特別招待講演 (通訳:齊藤稔)
        北アメリカにおけるアカミミガメの生態 ジェフェリー・ロビッチ博士
    17:00    一日目終了
    18:00   懇親会  神戸市立須磨海浜水族園エントランスホールにて
         
9日   9:30   受付開始
    10:00   カメセミナーその 2   (司会:亀崎直樹)
        S-5日本におけるカミツキガメの定着  小林頼太
        S-6ミドリガメ、日本侵入の歴史  渡辺潔
        S-7アカミミガメ規制に向けた社会情勢  片岡友美
    11:00   ポスター発表
        P-1 播州地域古瀬池における淡水カメの生息状況 大場理幹他
        P-2 摂津市におけるミシシッピアカミミガメの分布~都市環境下における分布特性を探る~ 西谷匠平
        P-3 伊丹市黒池・西池における外来カメ類の調査結果解析 有薗理沙他
        P-4 捕獲を継続した岐阜大学周辺におけるカメ類の捕獲個体の経年変化 加古智哉他
        P-5 明石市谷八木川における淡水性カメ類の分布 木場俊平・亀崎直樹他
        P-6 ミシシッピアカミミガメの防除による動物相の変化 三木佑介・亀崎直樹他
        P-7 河川における外来種ミシシッピアカミミガメの生息密度と環境の関係 瓦谷弘樹・亀崎直樹他
        P-8 外来種ミシシッピアカミミガメの消化管内容物湿重量の分析 平盛裕也・亀崎直樹他
        P-9 ニホンイシガメとクサガメ間の雑種形成に関する研究:主に形態について 上野真太郎他
        P-10 須磨水族園におけるアカミミガメの防除の試み 三根佳奈子他
        P-11 ありがとう、ニホンイシガメ応援団 ~新しい寄付プログラムの結果報告~ 若澤英明
        P-12 野外での亀の写真(交雑個体など) 渡瀬英晃
        P-13 「外来種を中心とした淡水カメ類における寄生蠕虫病疫学調査事例」浅川満彦
         
    12:00   記念写真撮影・昼食
    13:00   口頭発表 (司会:上野真太郎)
        O-1 香川県の淡水カメの生息状況─3年間のカメ調査を通して─ 土手政儀他
        O-2 沖縄島における淡水ガメの分布 嶋津信彦
        O-3 西日本における淡水ガメの分布 谷口真理他
        O-4 10年間で野外のアカミミガメ個体群に起きた変化 野田英樹
        休憩(5分)
        O-5 佐賀を中心としたアカミミガメのハス(蓮)食害に関する事例紹介 有馬進
        O-6 彦根城中堀に生息するオニバス個体群に与えるミシシッピアカミミガメの影響の検証 曽我部共生
        O-7 大正川と寺田池に生息するミシシッピアカミミガメの幼体の性比 西堀智子
        O-8 ブルーギル用カゴ網でカメを捕る 佐藤方博
        休憩(5分)
        O-9 明石市のアカミミガメ対策について 松浦真也他
        O-10 千葉県ニホンイシガメ保護対策協議会の設立と千葉ニホンイシガメ保護復興計画について 近藤めぐみ
        O-11 カメモニターによるニホンイシガメの産卵行動モニターⅡ 菊水研二
        O-12 神戸山手×須磨海浜水族園×相楽園 イシガメプロジェクト 井上彩音他
        O-13 神戸市須磨区における水棲カメ類を中心とした生態系保全活動 山本勝也
        休憩(5分)
        O-14 継続的な防除によるカミツキガメの成熟サイズの変動 辻井聖武
        O-15 クサガメの卵巣周期について 坂雅宏他
        O-16 クサガメ雌の亜成体期について-性成熟到達サイズと年齢 多田哲子他
    16:00  

閉会