#

【平成26年12月20日・21日実施報告】第2回淡水ガメ情報交換会

2014年12月20日21日、第2回淡水ガメ情報交換会を開催しました。当日は116名と多くの方々に参加いただきました。ありがとうございます。会では西日本のアカミミガメの侵入の程度は東日本に比べて著しいことや、千葉県ではイシガメの保全活動が活発に行われている一方、イシガメのクサガメとの雑種問題やアライグマがイシガメを捕食している問題などが深刻であることなど、非常に有意義な情報が盛りだくさんでした。

2014年12月20日・21日、第2回淡水ガメ情報交換会を開催しました。

当日は116名と多くの方々に参加いただきました。ありがとうございます。

会では西日本のアカミミガメの侵入の程度は東日本に比べて著しいことや、千葉県ではイシガメの保全活動が活発に行われている一方、イシガメのクサガメとの雑種問題やアライグマがイシガメを捕食している問題などが深刻であることなど、非常に有意義な情報が盛りだくさんでした。


次回の第3回目の淡水ガメ情報交換会は2015年10月24日(土)・25日(日)に神戸で開催する予定です。

H24.12.20-21No3.tansuikamekaigi-HP.jpg

 

◆開催日◆

2014kamezyouhoukoukannkai-HP.jpg

平成26年12月20日(土)、21日(日)

 

◆開催場所◆

東邦大学 習志野キャンパス (千葉県船橋市)

 

◆参加費◆

一般3,000円 学生1,500円 ※当日参加 は500円追加

 

◆主催◆

認定NPO法人 生態工房・神戸市立須磨海浜水族園・東邦大学理学部 地理生態学研究室

 

◆協力◆

千葉県ニホンイシガメ保護対策協議会

 

◆プログラム◆

12月20日(土)午後開催
発表者公募型シンポジウム「アカミミガメ 最新情報」

アカミミガメに関する「調査研究」「防除」「事例報告」など、

全国から発表者を募集し、最新情報をご紹介します。

コーディネーター

亀崎直樹

(岡山理科大教授・須磨海浜水族園)

   
   
12月21日(日)午後開催

シンポジウム

「房総発、未来へ残そうニホンイシガメの里

~生息域保全の重要性を考える~」

コーディネーター

長谷川雅美氏

(東邦大学地理生態学研究室)

 

 第1部 ~房総のニホンイシガメは今~  

房総における淡水性カメ類の現状

小賀野大一氏

(千葉県野生生物研究会 )

   
南房総におけるアライグマの分布と在来生物への影響評価

山崎響子氏

(東邦大地理生態学研究室)

   
ニホンイシガメ保護対策協議会の成立と活動紹介

近藤めぐみ氏

(NPO法人カメネットワークジャパン)

   

第2部~房総から全国へ。ニホンイシガメの里を守るために~

 

種分布モデルを用いた淡水生カメ類の分布予測と

種間相互作用の検証

加賀山翔一氏

(東邦大地理生態学研究室)

   
ニホンイシガメの分布予測から保全対策を考える

高橋洋生氏

(一般財団法人自然環境研究センター・

東邦大学訪問研究員)

総合討論

 
このほか、口頭発表・ポスター発表・ブース出展 あり