#

【第8回神戸賞】授賞式及び記念講演会とサイエンスカフェを実施

 神戸賞とは、世界的にすぐれた業績をこの世に残した海洋生物学者を神戸市立須磨海浜水族園が顕彰するものです。第8回目の受賞者であるRedouan Bshary(レドゥアン・ブシャリー)博士をお迎えし、神戸賞授賞式及び記念講演会を開催いたしました。
 記念講演会では「ホンソメワケベラは頭がいい?相手を理解し、嘘もつく」、サイエンスカフェでは「ねぇねぇウツボ君、一緒に狩りに行かないかい?」と題し、博士が明かにした魚の賢さについてご講演いただきました。

2018kobeaward_1.jpg

 

◆開催時の様子◆

2018kobeaward_2.jpg
集合写真 ↑クリックで大きな画像でご覧いただけます。
2018kobeaward_3.jpg 2018kobeaward_1.jpg
講演会の様子 懇親会の様子

 

◆受賞者◆

Redouan Bshary(レドゥアン・ブシャリー)博士
ヌーシャテル大学教授

20180412bshary-pictures.jpg

 若いころから動物の行動観察が大好きだった博士は、ミュンヘン大学で生態学を学び、その後、マックスプランク研究所で修士号と博士号を取得する。リバプール大学で講師を務めた後、ヌーシャテル大学に移る。樹上生活する霊長類や飼育下のニワトリの研究に取り組んだ後、1997年から研究フィールドは海の中へと移り、掃除魚として知られるホンソメワケベラを対象に、魚の相互関係と相利共生の研究に取りくむ。その後、研究対象はサンゴ礁海域に生息する魚へと広がり、スキューバダイビングによるフィールドでの行動観察や、室内実験を通して、魚類の認知能力の高さを明らかにしていく。発表された論文数は約150本、そこにはサイエンスやネイチャーも含まれる。現在、ヌーシャテル大学理学部の学部長であり、 Ethological Societyの会長も務める。

 

◆受賞対象研究◆

魚類の社会性認知能力の高さ

 

◆授賞式および記念講演会◆※終了しました

□開催日時

平成30年5月13日(日曜)13時30分~16時(13時開場)

 

□開催場所

ホテルオークラ神戸 3階 有明の間

 

□講演題目

「ホンソメワケベラは頭がいい?相手を理解し、嘘もつく」

 

□定 員

150名(先着順)

 

□入場料

無料  

 

□申し込み方法

申し込み用紙に参加者氏名、住所、TEL、FAX、メールアドレス、参加人数を記入の上、FAXまたはemailでお申込み下さい。

 

□講演内容

 掃除魚として有名なホンソメワケベラ。餌である寄生虫を多く得ようと、お客の魚をなだめたり、気を引いたり、時には騙したり、依怙贔屓(えこひいき)したり、と実に人間臭い振る舞いをします。この多彩な社会行動は、刺激への反射や単純な学習という従来の考えではとうてい説明がつきません。どうやらこれまでの我々の考えた方が間違っていたようで、魚たちは相当に賢いようです。

 

□懇親会

 博士の研究を、もっと詳しく聞いてみませんか?講演会終了後、博士を囲んで懇親会を開催します。博士と直接話ができるまたとないチャンスです。ぜひ、ご参加ください。参加希望者の方は授賞式及び記念講演会の申込と一緒にお申込下さい。事前にお申込いただき、参加費を5月7日(月曜)までに所定の口座にお振込みいただいた方には当園入園券を進呈いたします(当日、会場にてお渡しします)。

 

 ■懇親会会場

 ホテルオークラ神戸 1階 クリスタルの間

 

 ■時 間

 17時~19時

 

 ■参加費

 大人5,000円、大学院生・大学生3,000円、高校生以下2,000円

 

 ■申込方法

 代表者の氏名、住所、TEL、FAX、メールアドレス、参加人数、参加される方全員の氏名と年齢、学生の方はその旨を明記ください。

 

◆サイエンスカフェ◆※終了しました

□開催日時

20180412kobe_2.jpg
クリックで大きな画像でご覧いただけます。

平成30年5月12日(土曜)18時~20時(17時30分受付開始)

 

□開催場所

須磨海浜水族園 1階 大水槽前

 

□講演題目

「ねぇねぇウツボ君、一緒に狩りに行かないかい?」

 

□定 員

50名(先着順)

 

□参加費

1,000円、3歳以下無料

 

申し込み方法

 申し込み用紙に参加者氏名、住所、TEL、FAX、メールアドレス、参加人数を記入の上、FAXまたはemailでお申込み下さい。

 

講演内容

 紅海に大きなハタの一種がいます。このハタはお腹がすくと近所にすむ知り合いのウツボを誘って狩りにでかけます。ひょろ長い体のウツボは岩の隙間に入り小魚を食べます。襲われた小魚はあわてふためき外に飛び出します。すると、外で待ち構えていたハタが小魚を食べてしまうという訳です。霊長類などで知られるこのような共同ハンティング(相利共生)は相手個体の意図を理解しているからこその行為と考えられます。どうやら、魚も相手の意図を理解することができるようです。

 

◆授賞記念講演会・サイエンスカフェの申込み先◆

神戸市立須磨海浜水族園 mail:info@sumasui.jp  FAX:078-733-6333

 

◆神戸賞選考委員◆

委員長

亀崎直樹氏(神戸市立須磨海浜水族園学術研究統括/岡山理科大学地球生物学部教授)

委 員

幸田正典氏(大阪市立大学大学院理学研究科教授)
朝倉 彰氏(京都大学瀬戸臨海実験所教授兼所長/付属白浜水族館館長)
幸島司郎氏(京都大学野生動物研究センター教授)
佐藤克文氏(東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター教授)

 

◆その他◆

・各会場へは公共の交通機関をご利用の上、お越しください。
・定員に達し、ご参加いただけない場合のみ、水族園よりご連絡差し上げます。
・記念講演会およびサイエンスカフェには、日本語通訳があります。