#

第40弾「性転換するさかなの世界-オスとメスのかけひき-」

当園では閉園後に大水槽前でサイエンスカフェを開催しています。第40回目となる今回は、広島大学から坂井陽一博士をお迎えし、ご講演頂きました。

 

 

◆提供話題の内容◆

魚たちはどんな暮らしをもっているのでしょうか。水中世界に生きる彼らは同じ脊椎動物である私たちと違うところがたくさんあります。そんな魚類の生態や行動についての皆さんの興味・関心に応えるべく水族園は展示に工夫を凝らします。また、魚を水産資源として利用し、資源を保っていく上でも暮らしの理解は大切です。そんなニーズを下支えするべく、大学での魚の生態研究は地道に粘り強く進められています。魚たちの社会はいくつかのパターンに集約できます。そしてそれぞれに応じた子孫を残すためのうまいやり方があります。魚類の暮らしの巧みさのひとつである性転換に関する知識を深めていただきたいと思います

   
20170809SC40-HP1.jpg 20170809SC40-HP2.jpg
性転換する魚「アカハラヤッコ」

性転換する魚「ホンソメワケベラ」

 

◆講演者◆

20170809SC40-HP3.jpg

坂井 陽一

広島大学大学院生物圏科学研究科教授

1968年大阪府生まれ

【専門分野】魚類行動生態学

【主な研究テーマ】魚類の繁殖戦略・配偶システム・性転換

【主な著書】魚類の繁殖戦略2(海游舎, 1997)、魚類の社会行動2(海游舎,2003)、魚類学(恒星社厚生閣, 2017)

 

↓【申込用紙】クリックで大きい画像をご覧いただけます。20170809SC40-HP4.jpg

◆開催日時◆

平成29年9月9日(土曜) 18時~20時

※受付開始17時30分

 

◆開催場所◆

当園本館1階 大水槽前エントランスホール

 

◆参加費◆

大人1,000円、中学生以下500円 幼児無料