#

第30弾「台湾の淡水ガメ(仮)」

当園では、第3回淡水ガメ情報交換会にて、台湾国立屏東科技大学の陳添喜(Tien-His Chen)博士をお招きし、特別講演を開催いたします。また前夜祭として園内にてサイエンスカフェを開催いたしました。

台湾には、セマルハコガメ、ハナガメ、クサガメ、ミナミイシガメ、スッポンなどの淡水ガメが生息しています。ところが、日本同様、ミシシッピアカミミガメなどの外来種の移入や在来種の密輸などの問題にさらされています。
サイエンスカフェでは、これら台湾での淡水ガメにまつわ
るお話しをしていただきました。


 

タイトル

「台湾の淡水ガメ(仮)」

講演者 陳 添喜博士(通訳付き)

 

開催日時

平成27年10月23日(金曜)

17時30分受付開始

18時~20時

 

開催場所

当園 本館1階 大水槽前 

 

◆講演者◆

20151023.Mr.Chen-HP.jpg

陳 添喜(Tien-Hsi Chen) 博士 (国立屏東科技大学 助教授)


1966年生まれ。

台湾の淡水ガメの生態・保全学者。1998年国立台湾師範大学にて博士号を取得後、現在は国立屏東科技大学にて、台湾の淡水ガメの生態研究や、外来種アカミミガメの問題や台湾の在来種の密輸の問題について研究をする。

 

ご応募・お問合せ先

神戸市立須磨海浜水族園 淡水ガメサイエンスカフェ係
電話:078-731-7301  FAX:078-733-6333
メール:info
@sumasui.jp

第3回淡水ガメ情報交換会のご案内はこちらから → 2015tansuimeeting-TOP.jpg