#

第24弾「座間味の海のなかまたち」 

現在、須磨海浜水族園では、和楽園展示室にて特別展「世界が恋する海!座間味村!!」を絶賛公開中です。今回、この特別展のスピンオフ企画の一つとして、サイエンスカフェ「座間味の海のなかまたち」を開催しました。
講演いただいたのは座間味村在住の自然写真家ユニット「うみまーる」。
この時期に座間味島で見られるザトウクジラの子育ての様子をはじめ、色鮮やかなサンゴ礁の魚たち、のんびりと暮らすウミガメなどの写真を通して、座間味の海の素晴らしさをお伝えいただきました。そして、参加者とともに座間味の海の環境や生態系がどのように出来上がり、維持されているのかなど、意見交換も行いました。

↓クリックで大きい画像をご覧いただけます。SC24.tirasi-HP1.jpg

 

◆タイトル◆

『座間味の海のなかまたち』

 

◆開催日時◆

平成26年12月14日(日)

受付 13:30~

開始 14:00~16:00

 

◆開催場所◆

本館1階 大水槽前エントランスホール

 

 

◆講演者◆

【 自然写真家ユニット・うみまーる 】

沖縄各地でダイビングガイドの経験を積みながら、水中写真を極めたKINDON(井上慎也)と、テレビ局の自然番組ディレクターから写真家に転身したA-su(髙松明日香)の2人で結成。ともに1971年生。座間味島を拠点に世界の海を旅しながら撮影を続けている。1998年よりサンゴや海底に触れずに中性浮力で撮影する海にやさしい水中写真術を実践し、提唱している。耳は不自由だが、気にせずマイペースで生きるKINDONのやさしげな写真と、自然や生きもの達への愛情あふれるA-suの写真と言葉のコラボは、子どもからお年寄りまで多くのファンを魅了している。最新の写真集は『Friends どんなときも きみはともだち』。毎年刊行しているオリジナルカレンダーの人気も高い。2009年春、座間味島に「プチギャラリーうみまーる」をオープン。(公式サイト → http://www.umima-ru.com
 
SC24.umima-ru-HP.jpg
H26.12.14.SC24-1.jpg H26.12.14.SC24-2.jpg
A-su(髙松明日香)さん KINDON(井上慎也)さん
   
H26.12.14.SC24-3.jpg H26.12.14.SC24-4.jpg
講演中のうみまーるのお二人 講演後のうみまーるグッズ抽選会