#

第32弾「様々なカニの多様なくらし」

第6回神戸賞受賞者は、母ガニの子育てを先に生まれた娘が手伝うという奇想天外なカニを見つけ、その生態をまとめたRudolf Diesel博士です。
研究テーマとなったこのカニは、ブロメリアガニ
Metopaulias depressusというジャマイカの熱帯林に固有の陸生のカニで、母カニが子ガニを育てるだけでも驚きなのですが、なんと最初の卵から生まれた娘カニがヘルパーとして、弟妹カニの世話を手伝います。子育ての仕方自体が興味深いものですが、このような真社会性を持つカニは他には知られておらず、どのように社会性を獲得したのか、進化学的な視点から読み解くにも大きなヒントを与えてくれました。
今回の授賞を記念して、園内ではサイエンスカフェを、神戸市内のホテルでは授賞式及び記念講演会を開催し、多くの皆様に、博士の講演を聞いていただきました。

 

【チラシ】

2016.kobeaward5-HP.jpg

↑クリックして

ご覧ください。

◆受賞者◆

2016.kobeaward1.1-HP.jpg

Rudolf Diesel(ルドルフ・ディーゼル)博士
(High-Speed Camera Productions, ScienceMedia Film Productions)


マックスプランク研究所(ドイツ)で海産のカニの個体
群動態、繁殖システム、精子競争に関する研究を行い、1985年に博士号を取得。その後、マックスプランク研究所、ビーレフェルト大学でジャマイカに生息するSeramid科のカニの生態を研究する。カンタベリー大学(NZ)、マックスプランク研究所を経て、自然映像撮影会社ScienceMediaを設立。博士の撮った自然ドキュメンタリー映像や写真はドイツ国内メディアのみならず、BBCWildlifeやナショナルジオグラフィック誌、NHKをはじめとする世界各国のメディアから配信されている。

 

◆受賞対象研究◆

 「ブロメリアガニの社会的繁殖システ

中南米の島国ジャマイカの固有種で森林地帯に暮らすブロメリアガニはその生涯のほとんどをブロメリアの上で過ごす。子育てもブロメリアで行い、年に一度、春になると葉の根元に出来た雨水のプールにゾエア幼生を放ち繁殖する。生まれた子どもは稚ガニに変態した後も1年以上も生まれたブロメリアの上で、母ガニに世話を受けるという特異な生態を持つ。さらに驚くべき点は、最初のパッチで生まれた中から1匹ないし2匹のメスが生まれたブロメリアにそのまま留まり、弟妹ガ二の世話を手伝う点である。このような真社会性を持つカニは他には知られていないばかりか、稚ガニに変態した後も子どもの世話をするカニも非常に稀であり、1年以上となると他に例はない。また、葉の根元のプールでは水が強酸性に傾き、特に小さな幼生には有害となるが、炭酸カルシウムの豊富なカタツムリの殻を入れることで中和し、環境を整えている。

2016.kobeaward3-HP.jpg生息地の空撮画像
2016.kobeaward2-HP.jpgブロメリアとブロメリアガニ 2016.kobeaward4-HP.jpg母カニとゾエア幼生

 

  

◆授賞式および記念講演会◆ ※終了しました。

 

開催日時 平成28年5月22日(日曜)13時30分~16時(13時開場)
開催場所 ホテルオークラ神戸 1階 松風の間
後 援 神戸新聞社
講演題目 「娘とともに子育てをするブロメリアガニの驚きの生態と進化の道筋」
定員 150名(先着順)
入場料 無料

申し込み方法

参加者氏名、住所、TEL、FAX、メールアドレス、参加人数を記入の上、FAXまたはemailでお申込み下さい。

 ※定員に達した段階で募集を締め切らせていただきます。 締め切り以 降に申し込まれた方にのみ、その旨、ご連絡差し上げます。

 申込み用紙↓pdf.gif

   
 懇親会 講演会終了後、ディーゼル博士を囲んで懇親会(17時~19時、会費5000円)を開催します。参加希望者の方は申込書に懇親会参加と記載してください。5月9日(月曜)までに懇親会お申込みの方(要参加費事前振込)には当園入園券を進呈します。

 

  
◆サイエンスカフェ◆ ※終了しました。

 

開催日時 平成28年5月20日(金曜)18時~20時(17時30分受付開始)
開催場所 本館1階 エントランスホール
講演題目 「様々なカニの多様なくらし」
定員 50名(先着順)
入場料 中学生以上1,000円、4歳~小学生500円、3歳以下無料
申し込み方法

参加者氏名、住所、TEL、FAX、メールアドレス、参加人数を記入の上、FAXまたはemailでお申込み下さい。

 ※定員に達した段階で募集を締め切らせていただきます。 締め切り以 降に申し込まれた方にのみ、その旨、ご連絡差し上げます。

 申込み用紙↓pdf.gif

  ※定員に達した段階で募集を締め切らせていただきます。締め切り以降に申し込まれた方にのみ、その旨、ご連絡差し上げます。

 

 

◆授賞記念講演会・サイエンスカフェの問い合わせ先◆

神戸市立須磨海浜水族園

mail: info@sumasui.jp / FAX: 078-733-6333

 

◆神戸賞選考委員◆

委員長 亀崎直樹氏

(岡山理科大学地球生物学部教授/神戸市立須磨海浜水族園学術研究統括)

委 員 朝倉 彰氏

(京都大学瀬戸臨海実験所教授兼所長/付属白浜水族館館長)

 

幸島司郎氏

(京都大学野生動物研究センター教授)

 

幸田正典氏

(大阪市立大学大学院理学研究科教授)

 

佐藤克文氏

(東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター教授)

   

◆関連特別展「カニ研究クラブ」◆ ※終了しました。

第6回神戸賞関連企画として、多様なカニの世界をテーマに春期特別展を開催いたします。受賞研究となったブロメリアガニの生態についても詳しく解説します。記念講演会とあわせて特別展もぜひご覧ください。

 

開催日時 平成28年3月19日(土曜)~5月29日(日曜
開催場所 当園 和楽園特別展示室
観覧料 無料(別途入園料要)


                                                           

※神戸賞とは…
研究活動と社会教育活動に力を入れる当園が、2010年に新設した国際的な顕彰制度。水圏生物における調査研究活動の発展、自然環境保全に対する意識向上、神戸市のアピールにも貢献するべく、水圏生物学や生物多様性の分野において目覚ましい業績をあげた研究者を表彰し、副賞として100万円を贈呈。日本を代表する海洋生物学者で組織される選考委員会によりノミネート、最終選考が行われる。