#

第39弾「日本のトカゲ、世界のトカゲその進化と多様性」

当園では閉園後に大水槽前でサイエンスカフェを開催しています。第39回目となる今回は、京都大学から疋田努博士をお迎えし、ご講演頂きました。

 

◆提供話題の内容◆

近年、トカゲ類は年150種近くが記載されており、まだまだ未記載種の多いグループです。特にDNAを用いた遺伝学的な調査によって、形態では区別が難しかった種が次々に見つかっています。

今回は最近の日本の爬虫類についての研究、特に幼体の時に尾の青いトカゲ属についてお話しします。また、東南アジアの滑空するトビトカゲ属、渓流域に棲むミズトカゲ属、マダガスカルのトカゲ類、特にカメレオン類、ヒルヤモリ類について紹介します。

  20170601.tokageSC-HP1.jpg   20170601.tokageSC-HP2.jpg

 

◆講演者◆

20170601.tokageSC-HP3.jpg

疋田 努 (ひきた つとむ)

京都大学名誉教授、日本爬虫両棲類学会会長

昭和26年 大分県臼杵市生まれ

専門分野:動物系統学、生物地理学、爬虫類学

主たる研究テーマ:爬虫類の分類学、系統学、生物地理学、方言学

主な著書:「爬虫類の進化」(東京大学出版会,2002)

「小学館の図鑑NEO 両生類・はちゅう類」(共著:小学館,2004)

「野外観察のための爬虫類図鑑」(共著:緑書房,2016)

 

◆開催日時◆

↓クリックで大きい画像をご覧いただけます。20170601.tokageSC-HP4.jpg

 

平成29年7月1日(土曜) 18時~20時

(17時30分~ 受付)

 

◆開催場所◆

当園本館1階 大水槽前エントランスホール

 

◆参加費◆

大人1,000円、中学生以下500円 幼児無料